たをやめオルケスタのお告げ

「たをやめオルケスタ」の嬉々としたBolg

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たをやめ女子デート日記」 vol.1 ~バイタリティ溢れる幅さとみとレトロな浅草デート 前半~ 

たをやめ女子デート日記 vol.1
バイタリティ溢れる幅さとみとレトロな浅草デート

前半:花やしきでつかまえて


habachan01.jpg

◎PROFILE◎
名前:幅さとみ(はばさとみ)
楽器:アルトサックス
誕生日:5月12日
血液型:B型
自分を一言で表現すると:楽天家、エネルギッシュ
たをやめ以外の所属バンド:YAPANI!, The Cubes


>>1月某日 13:30

風が冷たい1月のある日曜日。快晴。
駅を出るとすぐ、レトロなお土産屋さんや甘味屋さんが目に飛び来んできた。
予想以上のわくわく感が漂う街、浅草。

浅草寺の脇に立ち並ぶ飲み屋街に圧倒されながら、待ち合わせ場所の花やしきが見えて
来る頃には、「なんかもう楽しい!」気分になっていた。

habachan03.jpg
強風のため運転中止していた花やしき名物「Beeタワー」


たをやめメンバーの素顔をお伝えするために始まったこの「たをやめ女子デート日記」。
デートの約束をする際、行きたい場所ややりたいことをメンバーにヒアリングすること
にしています。

幅ちゃんの希望は「絶叫マシンに乗る」「夜は焼き肉とカラオケ」の二つ。
花やしきで遊んで、夜は池袋に移動して焼き肉食べてカラオケ。という大まかな流れだ
け決めて、いざ、デートスタート!


笑顔のひと、幅さとみ

幅ちゃんはたをやめリハの時と変わらない、いつもの感じでやって来た。
早速カメラを向けると、照れ笑いしながら顔をそむける。
ステージでは格段にノリが良くて撮られ慣れている彼女も、プライベートではシャイな
ことが判明。

habachan17.jpg
幅さとみはいつも笑顔


入場券を買って、花やしきへ。

手始めに絶叫系マシン「ディスク・オー」に乗る。
横に座った幅ちゃんの表情を読もうとしたけど、そんな余裕など無かった。
グルグル振り回されながら見た青空がただただ、キレイだった。

「楽しかったねー♪」と言いながら間髪を入れずに「お化け屋敷~桜の怨霊~」へ。
序盤でギブアップして出て来た客を横目に、すすっと入館する幅ちゃん。
怖い怖いと言いながらさくさく進む幅ちゃん。
「あー怖かったね♪」という笑顔が眩しい幅ちゃん。

habachan06.jpg
お化け屋敷に入る直前。余裕の微笑み


花やしき名物ジェットコースター「ローラーコースター」も「子どもだましだねー」
とぺろり。

さらなる刺激を求め、花やしき史上最強・最速の絶叫マシン「スペースショット」で
飛び上がった地上60メートルの上空でさえ、にこにこしている。

そう、幅ちゃんは笑顔のひとだ。

チーム幅の飲み会でも、いつもにこにこして話を聞いてくれる。聞き上手だ。
「チーム幅」は、お酒が好きなたをやめメンバーの集い。
リーダーはもちろん幅ちゃん。

明日の朝が早かろうが気にしない。ライブやリハ後の打ち上げを盛り上げる。
楽しく飲むがモットー。とにかくパワフル。来る者は拒まず、去る者は追わず。
お酒が好きで、そして、強い。

habachan07.jpg
ちょっとアンニュイな顔をしてもらった


「チーム幅」の存在理由

たをやめ結成3周年を迎えた頃、チーム幅は生まれた。
とは言っても、その前から飲み会はやっていたし、幅ちゃんはにこにこお酒を飲んでいた。
「チーム幅」という名称が付いたのは、たをやめがチーム幅のような存在を必要とするよ
うになってからだ。

たをやめの人数は19人。
会社で考えると小規模だけれど、バンドとしては大きな組織だ。
3年間の試行錯誤を経て、メンバーもコンセプトも定まって組織として落ち着いた頃、
チーム幅のような拠り所が必要になった。そう、チーム幅の誕生は必然だった。

バンドの悩みだけじゃなく、プライベートの悩みや問題も、チーム幅はまるごと受け
止める。批評せず、説教せず。ただにこにこ聞いてくれる。
この聞く力は、幅ちゃんの才能だと思う。幅ちゃんは気付いてないかもしれないけれど。

habachan08.jpg
花やしき名物パンダカー「ファファ」ちゃんと


中学、高校はバスケットボール部員

地上60メートルを満喫した後、花やしきで一番古い「ビックリハウス」へ。
「これも子どもだましだったねー」と同席したちびっ子数名に”もののあはれ”を教えて
あげる幅ちゃん。素敵です。

最後はホラーでしめるべく、3D音響システムを駆使した「ゴーストの館」へ。
真っ暗闇の中で「ヒタヒタ・・キャー!」みたいな音声をヘッドフォンで聞くだけという、
強靭な想像力が必要なアトラクション。
幅ちゃんの感想は「ストーリー説明が無いから理解できなかった」と手厳しい。同感です。

habachan02.jpg
デートアシスタント長谷川素子と一緒に怖がってるフリをしてもらった


絶叫→ホラー→絶叫→絶叫→ミステリー→ホラーと偏ったアトラクション巡りを終え、
身体の芯まで冷えきった幅ちゃんは、吸い込まれるように屋内のゲーセンへ。

もぐらを叩きまくり、馬に乗りまくり、バスケットボールをゴールしまくるパワフルな
幅ちゃんの動画は、こちらからご覧になれます。




運動会のリレー選手の常連で、中高生時代にバスケットボール部員でもあった幅ちゃん
は、一般的な管楽器女子より運動能力も基礎体力もダントツに高い。
朝まで飲んで楽しめるタフネスは、この基礎体力から生まれています。

「ゲーセンが一番楽しかった!」とスッキリした笑顔の幅ちゃん。
スリル度が高くないアトラクションの数々に、実は少々不満を感じていたみたい。
お土産をぶらっと見て、花やしきの外へ。

さぁ、夜です。これからが本番です。(後半に続く)

後半:浅草エンドレスナイトはこちらから。


         取材:すず奴 デートアシスタント:長谷川素子
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。