たをやめオルケスタのお告げ

「たをやめオルケスタ」の嬉々としたBolg

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報の取り扱いがこえぇよ 

ごきげんよう。
わたしの秘密、、、そうですねー、、、朝は顔を洗わない。ですかね。
女将です。

さて、一昔前は「情報」ってのは今ほど価値なんてなかった。
いや、「価値」はあっても、「守秘義務」は今ほどなかった。

なのに最近は何かって言うと「情報解禁」にびくびくしながら、それまでは決して情報を口にしてはいけない時代になったわけです。ボジョレーかよ、と思いながらも、やはり情報の価値の前にひれ伏して、我々は「情報解禁」を待ちながら、うっかり口をすべらせないように、日々おびえながら生活しているのです。

そうさ、これがコンプライアンスさ。

コンプライアンスゥゥッッ!!!

さて、そんな情報解禁前ですので、非常にナーバスな姿勢でこのブログを綴るよ。

654.jpg

レコーディングをしました。(これは言って良いって言われたし。)

655.jpg

たをやめオルケスタで、あのアーティスト達とコラボです。(これは言って良いって言われたし。)

666.jpg

わたしと大西まみで、かなりタイトなスケジュールの中でけっこうな数の編曲をしました。(これは言って良いって言われたし。)

いやさ、ほんとにタイトだったんだよ。
ブログを2,3個さかのぼると福島遠征の記事あるんだけど、福島行ってた時はまさにその最中で、ホテルでも新幹線でも編曲作業に追われてたんだよね。

徹夜作業がけっこう続いたんだよな。
(特別感出したかったけど、普段から夜型だから別に特別なことではないから残念。いやでもがんばったのはホントだよ、まじでほんとがんばった。)

でも今回のアレンジは本当にたのしかったし、勉強になったし、早く「情報解禁」とやらが来てほしいと思う限りだわ。

1_20151216025820c8b.jpg

10月初旬にリズムセクションが3日間かけてレコーディングして、その後、ホーンセクションで怒涛のレコーディング。

アレンジ作業の時間も少なかったし、リハーサル期間も短くて、メイツ一同本気出して対応したよね。

2_20151216025823be2.jpg

たをやめのレコーディングってのはいつでも大掛かりだからこそ、ドラマがある。。。

そもそもこんな大掛かりなレコーディングをオファーしてくれたコラボアーティストさんとその周辺スタッフさんには本当に感謝しなければならない。シンセサイザーで打ち込み音源作るという選択肢を選ばないでくれてありがとうございます。。。

一本映画が撮れそうなくらいドラマティックなレコーディングでありました。
たをやめオルケスタらしい、良い意味でザラつきのある良い音が録れたとおもってますわたしなんかは。うふ

4_20151216025825a2f.jpg

今回のレコーディングの見どころはそうだなーーー、、、

やっぱり素子選手の渾身のハイトーンかな。
High F記念日だったもんね。

早くCDを聞きながら解説したい。。。
「ここのフレーズはアレでコレで…」みたいな話をしたいよね。

5_201512160258278b6.jpg

年末には「情報解禁」になるのかな。。。
なんだろうね、この感じは。

レコーディングはすでに終わったし、興奮もあるのに、「情報解禁」までは、広がった鼻の穴を無理やり押さえこんでいなければならない時間がそこにある、、、

6_20151216025839c00.jpg

レコーディングを通してメイツのサウンドはさらに磨きがかかったとおもう。なんだろうサウンドを共有できてる感じが。

なんだろう、よりイイバンドになった感じがしますわたし。

7_20151216025840cc7.jpg

みんなレコーディングお疲れ様。
今年は残るところワンマンライブのみだよ!!!
完全燃焼しようね。

女将・岡村トモ子
photo by たをやメイツ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。