たをやめオルケスタのお告げ

「たをやめオルケスタ」の嬉々としたBolg

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコーディング快調 

ごきげんよう。

今舞っている花粉を生成している木が寿命を迎えるまであと50年という悲報。
女将です。

花粉はさておき、たをやめレコーディング、快調です。
「遺作になってもいい作品を」というスローガンのもとに作り始めた3部作も、
ついに完結編だよ。集大成。早いもので。

10_2015030916192371c.jpg

1枚目の「緞帳プレリュード」は本当に過酷なレコーディングだった。
お弁当食べる暇もなかった強行スケジュール。
2日で11曲録りきるという。

11_20150309161925018.jpg

よくあんなキツイ日程をみんなこなしてくれたなぁって今ではほんと感謝。
いやぁ今考えると体育会系なレコーディングだったとおもう。
気合いの一枚看板で。

この時「鬼プロデューサー」の称号を得たわたし。(不名誉)

8_2015030916192092a.jpg

2枚目「紺碧レジーナ」は1枚目の反省をいかして、
かなり時間をかけて制作した。

リズム、トロンボーン、サックス、トランペット、の各セクションが
それぞれ2日ずつ。

7_201503091619189dd.jpg

でもこれは時間をかけすぎて、逆に途中で疲労がマックスになったりした。笑。
わたしは全部に立ち会ってたからね。
しかも「続・鬼プロデューサー」としてかなり厳しくディレクションしてたなとおもう。

9_201503091619220d9.jpg

超時短でレコーディングした緞帳プレリュード。
超ロングランでレコーディングした紺碧レジーナ。

2_201503091620015ae.jpg

それぞれにかなり濃い想い出があったりする。
いろんな自分を垣間見た気がする。
見なくてよかった自分もいたりしたので見なかったことにした。

3_20150309162002bb0.jpg

そんな2枚のアルバムを経て、今回のレコーディング。

4_20150309162004b25.jpg

一番、なんていうか、ちょうどよかったのではないのか。
リズムセクションが2日。
ホーンセクション(トロンボーン、サックス、トランペットまとめて)2日。
ソロとヴォーカル録りが5日(これはどのアルバムもこれくらいかけてる)

5_201503091620059d8.jpg

全9日のレコーディングと、これから控えているミックス2日、マスタリング1日。

6_20150309162007ac3.jpg

短くも長くもない、ちょうどギリギリで仕上がるスケジュールで、
録り残しなく、すべて録音完了。

12.jpeg

まぁところどころ行き詰って大変だった瞬間もあるけどね。
みんなのストレスも最小限だったし、たのしくできたのではないかと。
お弁当食べる時間もあったし、お菓子食べる時間もあったし。
(特にお菓子が重要。)

13_20150309162427242.jpg

この順調さのカギはもちろん敏腕女将の最高なスケジューリングのおかげ
と思いきや、そういうわけではなく。

みんながたをやめでのレコーディングに慣れたこととか、
たをやめサウンドに対しての共通認識が深まったこととか、
ライブやらツアーやらリハやらでお互いの理解が深まったこととか。

そういうことなんだとおもう。

そして「鬼プロデューサー」も引退して、今回はとにかく、楽しんで
ディレクションすることを目標にしてたわたし。

たぶん鬼じゃなかった。
たぶん。
(鬼と感じたメイツは匿名でメールください。)

ゆうかちゃん、うんぴー、むーみん、かおりん、かなちゃん、セキリカちゃん、
ミキ亭、素子さん、ゆうちゃん、サッコ、マリナーラ、まりまり、まみさん、
ゆきのさん、さおりん、秀子さん、そしてサポートしてくれたミュージシャン、
スタッフのみんな、エンジニアさん、ありがとう!

1_20150309162024dba.jpg

なんかすごい良い作品になりつつあります。
集大成にふさわしい3枚目のアルバム!
すでに感動した。わたしなんかは。

ぜひともお楽しみに!


女将・岡村トモ子
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。