たをやめオルケスタのお告げ

「たをやめオルケスタ」の嬉々としたBolg

ぐるぐるぐるぐるぐるこさみん 

ごきげんよう。
ミトン型手袋を2セット失くしました。女将です。

さてさて、年始早々たをやめオルケスタはバタバタしてますよ。
ライブ一発目は1/17、渋谷O-WEST「ぐるぐる踊る~ブラスバンドナイト~」
に出演させていただきましたー!

どかーーーん!!!

0_20150127020330789.jpg

ぐるぐるTOIRO、ぐるぐる回る、からの。

ぐるぐる踊るぅぅぅーーー!!

1_2015012702033203e.jpg

ぐるぐるクルーにはお世話になりっぱなし。
ぐるぐるクルーのイベントはいつも楽しい。

2_201501270203333e4.jpg

この日はTHE THRILL、GENTLE FOREST JAZZ BANDとの対バン。
「ブラスバンドナイト」って銘打つくらいですからね。
そりゃもう管楽器が大漁。

3_2015012702033500d.jpg

たをやめは18人のメイツのうち13人が管楽器。
72%が管楽器ということになるわけです。

4_20150127020336f25.jpg

管楽器が多いと何がいいかっていうと、やっぱサウンドがモッチリする
とこだとわたしはおもう。

しかもシンセみたいな電子音じゃなくて、生身の人間が奏でる生音。
シンセに比べたら、音程やリズムのズレが勿論生じるわけだけど。

それが贅沢なサウンドになるのです。
ズレの美学です。
(ズレ過ぎたらただの騒音)

デコボコ感がやっぱいいんだなっておもうわけ。

5_20150127020348f60.jpg

どんな分野にも「アナログ」を愛する人ってのはいると思うけど、
それは決して懐古主義ではないのだとおもう。

11_201501270211026b9.jpg

やっぱりアナログにはデジタルには成し得ない良さがあると思う。
でも逆もそうだと思う。

だからこそ両方が発展すべきなのだともおもう。

6_20150127020349d69.jpg

ただ時代というものは、何かと新しい技術に傾倒する傾向がある。

そういう風潮の中で、今日のデジタルが明日のアナログとなりゆくので
あるから、ほんと諸行無常で盛者必衰ハイパー。

7_201501270203500d5.jpg

いや何が言いたいかってーと、まぁビッグバンドっていいよね。

ビッグバンドが歌謡界を牛耳ってた、ビッグバンドが最先端のポップミュージック
だった時代があった。

わたしはそれを懐かしむためにたをやめオルケスタを始めたわけではなくて。

8_20150127020352096.jpg

単純にビッグバンドの音や見た目が好きだったから始めたわけで。

ビッグバンドがいつしか一部のジャズマニアにしかウケなくなってしまうのは
もったいないではないか。

9_2015012702035488b.jpg

電子ピコピコ音楽と肩を並べて生音ミュージックも盛り上がってる日本。
それよくない?よくないそれ?よくなくなくなくなくなくない?

まぁ別にわたし出馬するわけじゃないから世の中を変えたいとか言わないけど。
でも生音音楽シーンがもっと盛り上がってほしいなぁとかはおもう。


無駄にアツく語ってしまったけど、とにかくこれからもがんばろーっておもう一夜だった。
最後は結成25周年の大先輩「THE THRILL」様とのセッションタイム!

10_20150127020648f4d.jpg

どんだけ管楽器おるねん!っていう。
このセッションすごい音圧でした。音厚でした。

12_2015012702110305d.jpg

さて、これにてたをやめオルケスタライブしばらくお休み。
なぜならば我々、レコーディング期間に突入するからぁ!!

というわけで、昨年のレコーディング秘蔵映像でも見ながら、
次回作をたのしみにしていただけたら、これ幸いであります。




女将・岡村トモ子
Live Photo by Lilly


スポンサーサイト