たをやめオルケスタのお告げ

「たをやめオルケスタ」の嬉々としたBolg

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコーディング5日目 

ごきげんよう。
目覚ましのスヌーズを大切にしたい、女将です。

さて、昨日に続いてレコーディング5日目。
疲労回復もそこそこに、突入です。

どかーーーーん。

1

そうです。
サックスセクションのレコーディング。

女将は5日目ずっとソファに座ってファンシースナックに魂を売り、
ぽりぽり食べてはメイツたちに「そこもっとフォルテね、バリボリ、もぐもぐ」などと
注文ばかりしていた。ずっと座ってたから痔になるかとおもった。

そんなわたし待望の初本番。
待ってたよー。もう武者震いで吹きたくて吹きたくて震えてた。

2

サックスという楽器はトランペットやトロンボーンに比べて、口がバテにくいため、
今日のレコーディングでとにかく曲数こなしておくことが最大のポイント。
その分トランペットやトロンボーンに残りの時間使ってもらえるもんね。

うんぴーもやる気過ぎて、空気を吸い込みまくってるよ↓

4

うんぴーさん、自慢の黒いサックスで準備万端です。

うんぴーは女将が時々疲労でフリーズすると、場を取り持ってくれるサックスきっての
ムードメイカーです。そしてぶりぶりとテナーをぶっぱなちます。

6

そしてかおりん。
たをやめの天使としてこの畜生界に舞い降りた彼女ですが、かおりんは天使でありながら、
とても頑固な一面もあるんです。レコーディングに対してもとてもストイック。

一音のコダワリすらも突き通します。バリトンはビッグバンを支えるとっても大切なパート
なので、このストイックさがハマっている。

たをやめの低音はまりまりを筆頭に、かおりん、ミキティの三人でしっかり支えられております。

7

そしてむーみん。
むーみんさんはこの柔和でポヤンとした雰囲気とは180度かけ離れたぶりぶりサックスを吹く。
そういう意味でうんぴーととても相性がいいのです。

偶然とはいえ、この二人が出会ったのはとても素敵な運命でした。
吹いてる時はクールだけど、楽器を離すと二人共超マイペースで和む。

8

そしてわたしの横で超支えてくれるゆうかたん。
ゆうかたんはとてもうまい。わたしの気分屋な演奏をとてもよく聞いてくれて合わせてくれる。

今のわたしの演奏は本当にゆうかたんに支えられてる。そのことをレコーディングでより
強く感じた。フルートも超うまい彼女。あと森ガールってこういう人のこと言うんだとおもう。

9

そして気分屋な奴。
わたしは本当に気分屋で吹き方とかどんどん勝手に変えてしまうんだなと、このレコーディングで
強く感じた。でもそうせずにはいられないから。

付き合ってくれてるサックスセクションを本気で愛した。今日。
本当に心から愛した。

10

恒例の効果音録音も。
かなりいい効果音いただきました。

11

今日は夕方からすずさんが応援に来てくれました。
正確には彼女は昼過ぎに来て、別の部屋で3時間個人練習をしていたのでした。

この事実からは彼女の向上心とバンド愛、この二つがはみ出ている。
なんか応援してくれるメイツがいるとうれしいよね。

一曲録り終える度に「おつかれーーい!」って言ってくれる喜び。

写真を撮れなかったんだけど、今日は夜に一瞬まりまりも応援に顔出してくれたのでした。
忙しい時間を縫ってきてくれてありがとう。
今日のブログの写真の半分はまりまりが撮ってくれたものなのです◎

12

さぁ、6曲録り終えたところでみんな仲良く夕飯タイム。
おいしいお弁当で疲労回復したところで、最後の追い上げが始まる。

追い上げといえば「ハチマキ」でしょう。
全員ハチマキ装備。スチャ。

13

そうです。
このために女将は昨日の深夜にメイツにメールしたのでした。

「明日ハチマキしてレコーディングすっからたをやめ手ぬぐい持ってこいよナ!」と。

わざわざ深夜にメールするにしては、比較的どうでもいい内容…いや、こういうの大切。
こういうの重んじるところ、たをやめらしい。


ハチマキ効果か、お弁当効果か、最後の追い上げもいい感じ。
本日9曲録り終えました。がんばったね。みんなありがとう。
サックスは口がバテにくいとはいえ、さすがにちょっと疲れたね、てへ。

そして仲良く集団下校。
わたしたちとは反対ホームのかおりんとうんぴー。(むぎゅ)

14

そしてこちらホームのゆうか、むーみん、女将、すず奴。
電車空いててよかったー。座れてほんとよかったー。

15

そんなわけでたをやめレコーディングは土曜日に続く。
まだまだ続く。
がんばる。

17

女将・岡村トモ子





※追記※
ギターアンプの上にお菓子を並べた写真を掲載しており、問題となりましたので、
たをやめオルケスタ一同、反省の上削除させていただきます。不快な思いをされた方、
申し訳ありませんでした。機材を大切に、マナーを見直し今後のレコーディングに臨みます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。