たをやめオルケスタのお告げ

「たをやめオルケスタ」の嬉々としたBolg

ふがふが京都 

ごきげんよう。
女将です。

雨がふらないようにと、てるてる坊主をつくる。
雨がふらないように、天を仰ぎ、太陽に祈る。

君は最近そんな切実な想いに駆られてるだろうか。

女将です。

たをやめオルケスタ18人で京都ツアー!
初関西!行ってまいりましたー!

ばばーーーん!

1_20131115160029d28.jpg

去る11月9日夜21時。
我々は渋谷に集合し、三台のハイエースに乗り込み、点呼をとった。
そして7時間に及ぶ夜走りの末、到着したのだ。京都長岡京。

2_20131115160031f3f.jpg

ご縁があって、長岡京の「ガラシャ祭」に出演させていただいたのであった。
こんな地域密着なイベントに東京から来た女たちが参戦するという
若干シュールな環境。

4_20131115160033a84.jpg

ただそんなシュールさは論点になりえなかった。
なぜならば、屋外ステージであるにも関わらず、豪雨とも言える大粒の雨が
親の仇のように降っていたのだった。

5_20131115160036e0d.jpg

「雨」と聞いて、たをやメイツが最初に思いつくのは、バリトンサックスの
かおりん(たをやめのTENSHI)が作るてるてる坊主。
その名も「晴れ郎」

今回のツアー、あらかじめ天気予報で雨情報を心配していたたをやメイツ。
そんなメイツを尻目にかおりんは作っていた。晴れ郎を。

きゅるぴーん(悶絶)

angel.jpg

そんな晴れ郎のおかげと、
そして尋常ではないたをやメイツのみんなの「秘儀・逆雨乞い」により
なんと出番直前に雨がやむという奇跡。

6_20131115160038db1.jpg

ミラコーーーッ!

しかも、ライブ終わった途端にまた雨が降りだすという。

ミラコーーーーーーーッ!

8_20131115160103283.jpg

いやぁ日ごろの行いは大して良い方ではないけど、この時ばかりは
『もってるな』って思ったよね。雨ばっかりはどうにもできないもんだし。

それにしてもここまで晴天に焦がれたことなどかつてないくらいだったよね。
こちとら7時間かけて18人でやってきたわけだし、ライブ中止なんてことに
ならなくてほんとよかった。

9_20131115160105409.jpg

おかげさまで練り歩き演奏もできて、会場を縦横無尽に演奏しまわる
たをやめホーンズ。ステージから降りてきた13人のたをやめホーンズが
お客さんのすぐそばで演奏。臨場感。

10_201311151601081e1.jpg

この日は小さいお友達がいっぱいいてね、練り歩きで逃げられたり、
逆に追いかけられたり、叫ばれたりして、まじおもしろかった。

11_20131115160110361.jpg

ボーカル秀子は小さいお友達に向かって変顔しながら唄ってて、
ギャーギャー言って喜んでくれてた。もはや歌ではなく、変顔でもって
相手をもてなす心はまじ尊敬するよね。

12_20131115160111a34.jpg

たをやめ18人でツアーするのはこの日が初めてで、まさに初公演が
この地域密着祭だったのは、とても良かったような気がする。

13_20131115160141525.jpg

普段ライブハウスや、音楽フェスティバルへの出演が多いたをやめにとって
ある意味新鮮だったけど。なんか良かった。お客さんが近くて。

14_201311151601486ef.jpg

しかも東京や他地域から、わざわざ京都まで追いかけて来てくれたお客さんも
いてね。心強かったと同時に、東京から離れた土地で知った顔がいる違和感も
感じたりして。はは

15_20131115160150c00.jpg

行き帰りの車では、一号車は素子嬢、二号車はわたしが助手席担当で、運転してる
スタッフさんのサポートとか眠気覚まし係とか、車同志のやりとりとかを担当してて、
寝れなかった。素子嬢にはお礼を言いたい。
彼女のことを心の中で『ツアーマスター』と呼んでいる。

ちなみに帰りの車は、つかれたスタッフさんの代わりに、ゆきの嬢が運転手を
勤めてくれた。ゆきの嬢はみんなのお母さんであり、ちょっとした彼氏のような
存在である。長距離運転、ありがとう。

16_20131115160152f24.jpg

まりまり、まみさん、すずさん、ゆうちゃんの三人は都合により、電車移動で
いっしょにいる時間が短かったのだけど、この4人が合流した時、なんかものすごい
安心したのを覚えている。

17_20131115160154ec3.jpg

サッコ&マリナーラは、車ではわたしの背後に座ってて、あれこれ盛り上げてくれてた。
気がつくと寝落ちしてる姿がとても癒し系であった。
あ、あと会場で配るチラシの準備を手伝ってくれたのもこの二人だったな。

182.jpg

かなすちゃん、うんぴー、ゆうかちゃんは素子嬢の方の車に乗ってたから
あんまり一緒にいれなかったんだけど、とりあえずかなす氏は安定の睡眠により
みんなを癒していた模様。

そういえば9月のたをやめプロモーションツアーの時、メンバー数人と京都の取材巡り
してた時の車移動中、話の途中で突然寝落ちするのが印象的だった。
しかも2秒くらいでノンレム睡眠に辿り着いていた。

19_20131115160221844.jpg

さおりん?さおりんは女将の車の最高列でうっとりと寝ておられました。笑。
ライブ後、天下一品の本店で昼ご飯を食べたんだけど、「とにかく天下一品を食べると
お腹こわす」と連呼していたのもさおりんでした。結局大丈夫だったのかな。

20_2013111516022398e.jpg

長岡京での「ガラシャ祭」公演を終えて、天下一品本店にて遅めの昼ご飯を
食べながら会議。

議題は・・・

「めっちゃ雨降ってるけどゲリラライブできるのこれ?」

21_201311151602255da.jpg

機材を濡らすわけにもいかないし、さすがにこの大雨の中、18人の女が路上で
ゲリラライブやってたら、さすがにさすがにセクシーが過ぎるだろ。
とか葛藤しながら。

迷いながらも京都市内の人通りの多い四条大橋へと移動。
そうです鴨川です。

ライブは雨が止まないとできない。
騒音苦情がきてしまったら中断しなければならない。
どうしよう。どうすべき?

でもわざわざむーみんさんが発電機を手配してくれて持ってきたんだし、
せっかく来たからやっぱり京都に爪痕残していきたい。。。

22_2013111516022700e.jpg

我ながら、今年一番、きっぱりと決断した瞬間。

決断の甲斐あって…本当に運がいい。
またもや、演奏と同時に・・・


アメヤンダーーーーー!!!

23_20131115160252d3b.jpg

1日に2回も雨を止ませる奇跡を起こしたたをやめオルケスタ。
ほんとにラッキー。

四条大橋の河川敷で橋上を見上げながらライブするたをやめオルケスタ。
橋の上で足を止めてたをやめオルケスタライブを鑑賞してくれる沢山の人たち。

24_201311151602532b4.jpg

見渡すと、対岸の方まで人がギッシリ。

「京都のみなさん、初めまして。
 東京からやってきましたたをやめオルケスタです。
 昨日の深夜、東京を出発して、今日の朝5時に京都にやってきました。
 そしてもうこれから東京に戻るのですが、その前にこの四条で、鴨川で、
 ゲリラライブ、やっちゃいます。また必ず京都ツアー来るので、その時は
 ライブハウスにもぜひおいでませー!」

25_20131115160254ba2.jpg

0泊3日という弾丸ツアー。
とにかくメンバー18人に感謝。
一緒に乗り切ったメンバーみんなに。


渋谷に帰ってきた深夜2時。
みんなを送り届けて、スタッフさんを送り出し。
明治通りで、女将、ひとり、号泣。

どうしようもなく感謝したのと、どうしようもなく好きだとおもった。
年末ワンマンに向けて、エモーショナルな加速が止まらない。


女将・岡村トモ子
スポンサーサイト