たをやめオルケスタのお告げ

「たをやめオルケスタ」の嬉々としたBolg

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予告編 

ごきげんよう。
TSUTAYAのカードをなくして、ポイントたまらないのにストレスだけたまる。女将です。

さて今週末に迫りました。
『管楽器の入ったバンドって、なんかいいよね、の夜 vol.6』

もう6回目なんだね。
いまさら何だけど、こんなに定期開催するんだったら、もっと言いやすいイベントタイトルに
するべきだったよね。せめて二回目くらいに気付くべきだったよね。

でもいつもそう。
引き戻せないとこまでこないと、自覚できない、そんな猪のようなオンナ。女将。

いつもMCで噛みまくっているのに、追い打ちをかけるようなイベントタイトル。
噛まないかどうかハラハラしているのはわたしよりも、むしろメンバーやお客さんの
方だってこと、知ってるよ。

ここまできたら「酔っぱらって適当にネーミングしました」なんて口が裂けても言えない。

まぁ、ここまでイベント内容が露呈するタイトルもそうそうないだろ。
うん、良かったよ。うんうん。


さて、今回の対バンもとっても豪華。
予告として素敵な2バンドをご紹介します。


Orso bruno(オルソブルーノ)
orso.jpg
新旧ヨーロッパ音楽の世界を深く身につけてきた檜山学と、南北アメリカ大陸音楽の世
界で幅広く活動を続けてきたテディ熊谷が、今注目を浴びるオリエンタル・ジプシー音楽
のシーンで運命的に遭遇。

2005年12月に2人だけのオーケストラ「Orso bruno」を東京で結成。全国を股にかけ、
単独ライブや数多くのイベントに出演。また様々なダンサーとのコラボも積極的に行なっている。
現在1stアルバム発売中!
 



↑アコーディオンとテナーサックスっていう組み合わせ。いいよねぇ。
しかもテナーサックスのテディ熊谷さんは「東京パノラママンボボーイズ」に参加されて
いたとのこと。。。おいおいーー大好きだよーーー東京パノラママンボボーイズゥーー。
東京のマンボ界を制しておられた。

そしてアコーディオンの檜山 学さんはこれまた偉大なお方で、HPを拝見したら
「全イタリア・アコーディオン・コンクール優勝」って書いてあった。
イタリア制してた。

そんなお二人の演奏が見れるなんてね。
しかもたをやめのイベントで。まじやべぇよ。
出演OKしていただけたことがほとんど奇跡。

デュオっていうスタイルはほんとに贅沢だよ。
18人のたをやめとの対比もきっときっと素晴らしいとおもう。



さてお次は。
Betty Angelica
Betty.jpg
1950年代のミュージカルコメディ映画から飛び出したようなコメディエンヌHoney Diamondと、
陽気な楽士達の無邪気でクレイジーでキュートでアバウトな先の読めないステージ。
古き良きあの頃の音楽をハッピーなスウィングに乗せて、あなたに奇妙な時間旅行を贈ります。
西へ東へ南へ北へ、神出鬼没な気まぐれバンド。
http://bettyangelica.com



新谷さん(写真中央上)だけ昭和に撮影したのかな。
まぁそれはともかく、このバンドはほんとになんていうかサディスティックなぬくもりがあるよ。
とにかくハニーさんの唄うスウィングが、一晩中、頭から離れなくなる。

スタンダードなジャズなんだけど、ジャズってこうあって欲しいなっていう夢をかなえてくれる。

だってほら、ジャズってパジャマみたいなネルシャツ着たボサボサのおじさんが
小難しくやってるやん。あれやだよね。「一見さんお断り!」みたいな気持ちになって、
わたしは疎外感に耐えられなくなって、早く帰ってアンパンマン見たくなる。

Betty Angelicaは一見さんでも楽しめる。
むしろ一見さんなのに「大きくなったなぁ、昔はこんなに小さかったのにー」と親戚のおじさんぶる
ことも許してくれそうにみえて、そんなこと言ったらたぶんハニーさんに超からまれます。

あとはベースのビブラスキさんは江の島で毎年、神イベ「竜宮の遣い」を開催する崇高なお方です。
何気にたをやめのDJやってくれたり、DJできないときはわざわざセレクトCDつくってくれたりする、
『何こいつ!超良いヤツじゃん!そうじゃないとしたら相当な暇人!』なお方です。

おい、失礼だぞ、ともこ。

個人的にはクラリネット新谷さんの素敵な音色と超絶な旋律がたのしみだけど、
新谷さんはハスハスしやすい性格なので、直接褒めたりしないようにしようと思っている。



そしてたをやめオルケスタ。
先月のワンマンから先行発売したフルアルバム「緞帳プレリュード」ひっさげて、
いまだかつてなくノリノリでやる気マンマンなメンバーと共に、最高の一夜を。

生音の素晴らしさを。
生音の振動を。

おたのしみにね。


ま、そんな感じで!
とにもかくにも5月18日はぜひとも代官山においでませ!


女将・岡村トモ子





2013.5.18(土)
管楽器の入ったバンドって、なんかいいよね、の夜 vol.6

若者の生音離れが叫ばれる昨今、管楽器の入った素敵なバンドサウンドの
素晴らしさを伝えるべく、アナログバンドたをやめオルケスタが企画する定期企画。

@代官山 晴れたら空に豆まいて
前売¥2,800/当日¥3,300 (+1drink)
開場18:30/開演19:30~

晴れたら空に豆まいて
150-0034 渋谷区代官山町20-20モンシェリー代官山B2
03 5456 8880
http://mameromantic.com/


■電話予約
予約受付期間:4/18~5/17まで
①ご希望の公演日②ご予約の枚数③お名前④ご連絡先、をお電話にてお伝えくだ
さい。その際、整理番号をお伝えいたします。それでご予約は完了です。公演の当日
は、ご予約時のお名前と整理番号を受付でお伝えください。すみやかに入場のご案内
をいたします。
03-5456-8880

■メール予約
予約受付期間:4/18~5/17まで
晴れたら空に豆まいてのホームページ(http://mameromantic.com/)の前売予約ページ
にて受付。メールフォームに必要事項を入力のうえ、送信してください。予約番号をお
知らせする確認メールの返信をもってご予約完了です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。