たをやめオルケスタのお告げ

「たをやめオルケスタ」の嬉々としたBolg

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すみだジャズストリートフェスティバル 

ごきげんよう。

8月18日。
朝から雷雨に見舞われ、メンバー全員が昨年のこのフェスでの大雨を思い出した
ことだろうよ。あー今年も水もしたたる湿度満点ライブかー。。。

雨水で薄められたやる気を必死に煮詰めながら気持ちを高める女将。
心のどこかでちらつくわたしの「雨女疑惑」

錦糸町駅についたら「雨女のご来場お断り」とか書いてないかな。
「錦糸町は街をあげて、雨女の根絶やしに取り組んでいます」
「墨田区は雨女を人として認めかねます」
「少しでもそのけがある方は改札を通れません、高田馬場にお帰り下さい」
「STOP、雨女」

びくびくしながら「わたし神じゃねぇし」という少し弱めの最後の切り札を
握りしめて会場到着。


む!!

むむむむーーー!


晴れた!!!


どうでしょう、この快晴ぶり。
もうちょっと曇ってくれてもイイヨくらいのピーカン。
いいお天気というよりは、良すぎるお天気。
すぐ熱中症になる女将は一抹の不安を抱えながら一日が始まった。
なんてったって昨年に引き続きこの日は浴衣ライブなのだった。

会場に向かうメイツたち。雨上がり。ぞろぞろ

sumida10.jpg


午後1時。
太陽が一番元気のいい時間。
松崎しげるが一番いきいきする時間。

ライブスターッ!

sumida3.jpg

暑いぞー。予想の5倍暑いぞー

sumida4.jpg
sumida5.jpg

それにしても暑いぞー。

sumida2.jpg

ライブ中、メンバーの方を振り返ったらみんながとても険しい顔をしてて
びびった。我がメンバーながら怖かった。。そしてわたしも同じ顔してること
に気づき、作りスマイルを取り戻す。

sumida9.jpg

わたしの汗腺は解き放たれた。
滝のような汗をかいちゃいながら、ちょっぴり朦朧としちゃったりなんかして、
ファニーな間違えをしてしまったり、キッチュにMC噛んじゃったり、
しちゃいました!てへ!

sumida8.jpg

そしてこの日はなかなか演奏しない曲目、「美空ひばりメドレー」やったね。
まぁ聴きどころはなんといってもわたしが鼻血出しながら(ほんとに)がんばった
アレンジと、何よりも「お祭りマンボ」で降臨する和太鼓ニスト、ゆきの様です。

いやーーーすごいね。和太鼓ってのは。

マイク使わずしてあの音量、あの影響力。
そして凛としたゆきの様の姿勢。
そして一発叩いただけで沸きアガル会場。みんな好きなんだな。太鼓。

sumida1.jpg

猛暑のおかげで手拭いは即完売。
CDもめちゃくちゃたくさんの方が買ってくださったねぇ。
ありがとうございますほんとに。

sumida7.jpg

猛暑の中、しっかり歌い上げた秀子。
ホーン、リズムセクションのみんなも倒れることなく無事に終了。

sumida6.jpg

※この後我々はライブ終了後の14時から23時まで、実に9時間、
 飲み続けたのでありました。それはもう涼しいクーラー完備の居酒屋さんにて笑。

sumida13.jpg


女将2012
(※live photo by 和田咲子)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。